ひもQ

スポンサーサイト
0

    一定期間更新がないため広告を表示しています

    | - | | - | - |
    ハロプロおすすめソング集 ノリノリ編 モーニング娘。
    0

      まずはモーニング娘。のノリノリソングから参ります。私が本格的に彼女らの活動を追い始めたのが2013年夏頃、田中れいなちゃん卒業直後くらいかな?なので、その辺からいるメンバーに言及することが多くなるかと思いますがご容赦くださいー。


      泡沫サタデーナイト!

       

       

       





      まずは最新曲から!去る5/31にグループを卒業した9期メンバー鈴木香音ちゃんのラストシングルです。卒コンのライブビューイングに参加し、終始号泣した挙句未だに悲しみを引きずっている私ですが、思い出して辛いからと言ってこの曲を聴くのやめようとはならないんですよねーーー。笑顔が最大の魅力である香音ちゃんにぴったりの、明るくて、でもその明るさが何故か切なくて泣いてしまう…そんな一曲です。可愛い女の子が楽しそうに歌って踊る姿というのは本当に素晴らしいものだ…。個人的な見どころは1:47〜の背景ぐるり〜んな飯窪春菜ちゃんと、「やっぱ薄くて軽い」のところの飯窪・尾形のWはるなですかね。グループ屈指の薄くて軽いボディを持つふたりです。歌割決めた人絶対これ狙ってやったやろ。余談ですが飯窪春菜ちゃんは私の一推しです…かわいすぎ…


      スカッとMy Heart

       

       

       

       





      曲かっこよくて衣装かわいい!衣装かわいくて曲かっこいい!!アホみたいなコメントですみません…。鈴木香音ちゃんがダイエットして物凄くスリムになってた頃ですね。クッソ可愛いマジで。でもふっくらしてても可愛いよ。ズッキはいつも可愛いよ。何で芸能界引退してもうたんや……………あぁ、やめましょうこの話……フッフフ……………


      私こういうファンキーな曲すごく好きなんですよね!!なので2015年秋ツアーのセトリで、同じくハロプロファンクの最高峰と名高い「The 摩天楼ショー」と連続で披露されたときの高揚感は半端無かった…

       

       





       

       



      鞘師りほりほの卒業も本当に悲しすぎたな…そしてこの動画も既に懐かしい。時間って怖い…


      What's Up? 〜愛はどうなのよ〜

       

       




       

       




      この曲で言うと田中れいなちゃん卒業ツアー「ミチシゲ☆イレブンSOUL」でのコンサート映像がすーごく好きです。F1モチーフのカラフルな衣装もハンカチ振るダンスもかわいい!


      ドッカ〜ン カプリッチオ



      腰!腰腰!!コンサートでめちゃくちゃ楽しい曲です。飛んで跳ねて床が揺れるんや…。


      やめてよ!シンドバッド

       

       

       

       

       

       




      5期6期の先輩たちのベテラン感と初々しくてかわゆい9期のみんなが合わさってマジで激烈最強伝説。ちょいちょい入る「ポンポンポポポン♪」ていう太鼓の音がアホっぽくて超好きです。


      まじですかスカ!

       

       

       

       


       

       




      9期メンバーちゃんたちのデビューシングル。発売当時まだハローに目覚めてなかったんですが、友人がカラオケでこの曲を歌ってくれて、あっ今モー娘。こんな曲歌ってるんだ、かわいいなあとぼんやり思ったものでした。まさか数年後こんなにもアレなことになるとは…。数年後、9期が一番先輩になったモーニングの歌うこの曲、すごく良かった。ウッ……りほりほ……ズッキ………。ズッキの卒コンで歌わなかったのはもうりほりほがいなかったからなんですかねー?入れて欲しかったなーセトリに!!


      3,2,1 BREAKIN' OUT!

       

       

       

       





      跳ねたくなるようなポップさに溢れた一曲。リリース当時のメンバーはもちろんなんですが、2015年春ツアーのメドレーで現メンバーが歌うこの曲も超素敵でした。生ハモリって気持ちいいですよねえ。というかこのメドレー自体がすんごい良い。



      ↑これですね。コンサート映像があまりにもネットに上がるのは問題とは思いつつ、人に見せたいとき本当に助かってしまっているこのジレンマ…。前述のマジすか9期先輩ver.もこれに入ってます。


      SEXY BOY 〜そよ風に寄り添って〜

       

       

       

       




      いやーみんな可愛すぎでは?!ビックリしますねMAJIDE!!!色んなおなご、みんな違ってみんな良い…。この当時のメンバーだとよっすぃ〜が超好きです。ご懐妊おめでとうよっすぃ〜。




      ↑この曲も入ってる大好きなコンサート映像です。新旧のパーティチューンが共存する名メドレー。セクボとマンパワーの融合がかっこよすぎ!!嗚呼、麗しのプラチナ期…。


      ここにいるぜぇ!

       

       

       

       




      すごく明るい曲なのに、最後の最後、「みんなlonely boys and girls」って歌詞を持ってくるつんく♂さんがワイは好きや…だんだんつんく♂さん賛美ブログみたいになってくるなやっぱり


      Mr.Moonlight 〜愛のビッグバンド〜

       

       

       

       





      ハロプロのキムタクことよっすぃ〜メインの一曲。毎回言うけど皆キャワウィーネー!!私男装とか女装も大好物なんですわ…素敵…。最近だと今年の春ツアーで工藤遥ちゃんがよっすぃ〜のポジションに着いて、色んなメンバーをたらし込む熱い展開がありました。でもどぅーはやっぱり美少女路線で行ってほしいんですけど私…ゲヒヒ…だって可愛いじゃん…。


      Happy Night

       

       

       

       




      ファンキーだけど初期特有のアダルティ〜な雰囲気もばっちり漂う一曲。圭ちゃん〜〜〜好きや〜〜〜ッ

      ていうかこれ1999年の映像なんですね…ヒェ〜〜〜ッッ………


      今更感あるのでいわゆる黄金期のメジャーな曲は割愛しますが、そうだ!We're AliveとかLOVEマシーンとか恋のダンスサイトとか真夏の光線とか好きです。

       

      | いろいろ感想 | 17:57 | comments(0) | - |
      ハロプロおすすめソング集 俺セレクション
      0

        こんにちは皆さん!!!毎度おなじみノリと勢いだけのブログのお時間です!!以前ある方から「今度ハロプロの曲オススメ教えてくださーい」と言っていただいた…というのを言い訳に、自分用メモも兼ねてハロプロの好きな曲をご紹介する記事を書こうと思います。

        オススメしまっせーとか偉そうなこと言ってますが、私もまだまだ本格的にハマって3年くらいでハロプロの歴史からすると屁みたいなものですし、気に入ったものを延々と繰り返す習性があるためなかなか数をこなせていないので、まだまだビギナーです。ヘソんんとこヨロシク。手元にある音源はモーニング娘。が一番多く、別グループはアルバム曲がまだまだ全然、歴代の派生ユニットもぽつぽつ…って感じです。もちろんここに書いてないけどもっといっぱい良い曲ありますしどれも好きですし嫌いな曲なんて別に無いですしおすし!!とりあえず現時点での私の特におすすめの曲ということで!!!ひとつ!!!現実逃避じゃないから!!!大丈夫大丈夫AHAHAHA!!!!!曲が絞りきれず凄い数になっちゃったので曲調ごとに記事も分けてみました。曲の分け方は割と適当です…自分でもノリノリとカッコイイの違い、カッコイイとクールの違いがいまいちわからない…でもノリノリとクールが違うのはわかる…みたいな…そんな感じです……(?)ほんでやっぱりモーニングの曲が多くなっちゃうので分け方もモーニングとそれ以外みたいな感じです…決して贔屓してるわけじゃ…いや贔屓してるのか…でもほんと、ハートはハロプロ箱推しクソDDです。

         

        とりあえず、のろのろと更新していくので、お暇な時にでも下記のリンクからどうぞご覧下せえ。

         

         

        ※それぞれ動画多数 YouTubeとニコニコ動画混じってます

         

        ハロプロおすすめソング集 ノリノリ編 モーニング娘。

        ハロプロおすすめソング集 ノリノリ編

        ハロプロおすすめソング集 カッコイイ編 モーニング娘。

        ハロプロおすすめソング集 カッコイイ編

        ハロプロおすすめソング集 クール編 モーニング娘。

        ハロプロおすすめソング集 クール編

        ハロプロおすすめソング集 カワイイ編 モーニング娘。

        ハロプロおすすめソング集 カワイイ編

        ハロプロおすすめソング集 しっとり編

        ハロプロおすすめソング集 珍曲編

         

        番外編

        ハロプロおすすめ動画集 コンサート編

        ハロプロおすすめ動画集 おもしろ編

        | いろいろ感想 | 15:54 | comments(0) | - |
        持てそうもない荷物なら、
        0
          映画「海街diary」観てきました。自分用メモとしてざーっとした感想でございやす。原作厨の言うことなので軽く聞き流してくんさいや〜





          ↓以下ネタバレ満載↓








          私はこの作品の原作のファンです。何度となく読み返しては反芻し、自分の中で海街diaryの世界を原作から実写に変換し続け、今に至ります。実際に実写化の決定が発表になったとき、私と私が作り上げてきた海街diaryの世界との蜜月が終わりを告げました。悲しい気持ちになる傍ら、私以外の人の目を通した海街diaryの物語(もちろん商業作品ですから、色々な大人の事情も加わっているということも踏まえて)が見られるという楽しみが増えたと胸をときめかせました。自分が見ているものを他人はどんな風に受け取り、どんな風に形作るのかということを確認するのは、とても必要なことだと思います。海街diaryに限らず、0から1にしたものを次は1から2にも3にもしていく作業を重ねてエンターテイメントの世界は成り立っています。ノベライズ、コミカライズ、アニメに実写に舞台…。なので公開をとてもとても楽しみにしていました。そして、期待通り、とても素敵な映画でした。四季折々の鎌倉の町並みを堪能できたし、四姉妹も本当に美しくて、まさに眼福という感じ。仮に原作を知らなくても観てたんじゃないかなと思います。

          でも、原作を読んでいたからこそ気になる点が多々あって、それを挙げ始めると思いの外すごい量になっちゃって完全にただの悪口だし個人的な好みも盛りだくさんに入ってるし私この映画全然気に入ってないみたいに思われるレベルなんですが、本当に、すごく好き、ですので…どうか誤解の無きよう…誰が読んでるか知りませんが……。


          この作品の原作は現在6巻まで出版されています。複雑な家庭環境を抱えて鎌倉に暮らす彼女たちの濃密な物語を2時間やそこらの尺にまとめるのですから、抜き出して抜き出して、選び抜いた上で残ったエピソードで映画は構成されています。それ故メイン級のキャラクターについても残酷なまでに端折られる。すずの学校の友達やサッカーのチームメイトもそうでした。それは別にいいんです。

          ただ、風太。風太だよ。辛うじて出てくるも、落ち込み気味のすずちゃんの突然のくら〜い愚痴を聞くだけの男…みたいな扱い…。もういっそのこと思い切って風太のエピソードも全部削ればよかったんでは?!梅の実はすずひとりで取ってたやん!ああいう風にしたらよかったやん!とか思ってしまった。チームメイトとキャッキャする描写はあっても誰がどれだとかはもう明かさなかったらよかったんだよ。こっちで勝手に脳内補完するやんか。姉妹・引いては家族のお話に集中するのなら、変に欲張らずにその辺は切り捨てればよかったのに…。

          私はすずと風太が徐々に心を通わせるようになる過程がとても好きだったので、特に何があったというわけでもないけどなんかそんな感じのイキフンでした〜的な流れがほんとに許せない…。あと風太役の子がすんごい細い上に顔が小さすぎて気が散りました…風太はもっと中肉中背やしすずより顔が小さいなんてありえないんや…。中学生男子に中肉中背を求める方が酷なの…?でもほんとに細すぎでしょうよ…。あと同じようなことでいうと智章の存在がわけわからなすぎる…アレ何やったん…?

          次に、ほんとに個人的なことなんですが、好きなシーンがことごとく肩透かしっていうか、アレッ?!みたいな状態で終わっていったのが残念でした。序盤のお父さんのお葬式で、陽子さんがグズグズした挙句すずに出棺の挨拶までさせようとするシーンで幸ねえが一喝するとことか(「子供であることを奪われた子供ほど〜」のくだりや「出棺のあいさつなんて〜」という補完がないまま陽子さんが「妻だもの!」ってやる決意しちゃったから「あの人の家族は私よ!」みたいに香田三姉妹と敵対してお父さんを取り合ってるみたいに思えた)お葬式後にすずの好きな場所へ連れてってもらって、そこですずが大声で泣くシーンとか(後半クライマックス辺りのオリジナルシーンで代替してるのかもしれませんが、それならせめてあの場に佳乃も千佳もいて欲しかった)すずを鎌倉に呼ぶことを決めた後、発車した電車の中からは声が届かないから「待ってるからね!」ってメモを出すとことか、おばあちゃんの法要の後にすずと幸ねえが並んでカレーを作るシーンで涙を流すすずの肩を幸ねえが抱いて慰めるシーンなのにすずは泣かねえし幸ねえも「あ…」みたいな感じでなんかモヤモヤしたものが残ったまま終わったり(それもまたクライマックスのシーンで得られるある種のカタルシスに繋がるのかもしれませんが)他にも幸ねえと椎名先生が海辺の階段で別れるシーンとか、坂下さんがなんか仄暗〜いキャラになってたのもそうだし、ツンデレのはずの福田さんがほぼデレだったのもモヤったし(関西弁がリリーさんの出身に合わせて九州の言葉になってたのはなんか許せた リリーさんにやってもらうならそっちの方が自然ですもんね…)あと二ノ宮さんのお葬式で四姉妹と福田さんが話してるときに後ろにいたおばちゃんは誰だよ!!!原作の絡み的にはマサママがしっくりくるかもわからんが映画にはマサママどころかマサ本人をマサとしてちゃんと扱ってないのにママだけあんな風に出すのも意味不明だし絶対いらんかったやろあのおばちゃん!!!

          台詞の中に「アレする」っていう言い回しがやたら多いのも気になった。そりゃ普通に日常会話で「ホラ…な?わかるやろ?」的なニュアンスでよく使う言葉ではあるかもしれませんが、えっそこぼかす必要ある?普通に「暮らしてた」とか「考えてみて」とか言った方がいいんじゃ…っていうところを「ちゃんとアレしてた」で「アレしてみてね」とか言って…えー??そうなん???ってなった…。リアリティを追求していたのだろうか…だとしたら追求しどころ変では…。

          しかし、漫画という媒体を通していたからこそ若干和らいでいた設定のキツさが実写になるとありありとわかるものですね…。「父親が女を作って出て行き、母親も別に男を作って出て行き、祖母の家に置いて行かれた三姉妹」が、「自分たちを捨てた父親と父親が自分たちを捨てて選んだ女性の間に出来た子」と一緒に暮らす、という話ですから、よく考えなくてもヘビーな関係なんですが、どういうわけかそんなに重くは感じていなかったんですよ私。だけど、実際に生きてる人間として彼女たちの姿を目の当たりにしたとき、この人たち結構すごいことしてんな、と思ってしまいました。本人たちはあまり気にしてないようですが…。そら大船のおばさんも心配するわ…。おばあちゃんの法要のシーンで、お寺さんのトイレの前ですずと三姉妹のお母さんが二人きりで話すシーンがあって、本当にハラハラしました。あとその後の家でのケンカのシーンな。「やめてえええ!!!すずどんな顔してその場におったらいいんやーーー!!!!!」って叫びたい衝動に駆られた。原作は大船が幸ねえとお母さん引き離してさっさと帰ってたけど、映画、アイス食おうとしてた矢先でしたやん…。あの後あのアイスどうなったんやろ…。あの空気のまま食べても完全に美味しくないし食べずに置いて片付けるときの気まずさも半端ないやろ…「あは、ちょっと溶けちゃってるね…」とか言いながら周りの様子を伺う千佳の姿が目に浮かぶ…。千佳はほんとに穏やかで平和主義というか、姉ふたりの喧嘩をオロオロしながら見てる感じがすごく可愛かったっていうか夏帆ちゃん可愛いし千佳も超好きなのですごく良い配役だなって…思いました…可愛い…。

          あ、ついでに四姉妹についての雑感…。キャスティングを初めて知った時、いい感じだなーとは思いつつ、私は綾瀬はるかさんだけはどうしても「幸ねえ」として受け入れるのは違和感があって、実際に映画を鑑賞しても、その気持ちはやはり拭い切ることが出来ませんでした。私の中の幸ねえは、髪の毛が短くてキッとしていて、佳乃とは違った意味での気の強さが見た目に滲み出ているようなイメージだったので(劇中で本人も言っていたように、ずっと学級委員長だった!っていうのが、ああそうでしょねーって一目でわかるような感じ)綾瀬はるかさんはあまりにも雰囲気が柔らかすぎたんですね…。

          確かに髪の毛をひっつめて、まっすぐ背筋を伸ばして妹たちの前に立つ彼女はきりりと美しく、長女然としていました。でも、やっぱり、幸ねえではなかった。とても素敵だったんですよ。すごく上手だし、綾瀬はるかさんは声も良いですよねえ。山で叫んでるシーンで「ええ声…」って思った。でも私の幸ねえにはなれなかったんや…ごめんなさいよ……。

          でも、やはり「眼福眼福ゥ!」というキャスティングのイメージは終始変わらず、四姉妹がご飯を食べ、お風呂に入り、おしゃべりをし、重ねてきた暮らしを分け合い、また新たに重ねていく様は、それだけで価値があると心底思えるほどに美しく健やかで、ああ素敵な映画だ…としみじみ思いました。カマドウマのくだりめっちゃ良かった…長澤まさみかっわいいな…ブラ姿も拝めて幸せでした…。あとお風呂上がりにタオルをパッと開いて扇風機の風を一身に受けるすずちゃんのシーンを入れてくださいましてありがとうございました…(土下座)


          そんなこんなでした。色々書きましたが、是非是非また観たい映画でした。写真集も欲しい…あと原作の新刊はいつ出るんですか…ペース的に多分来年やが…遠い……

          | いろいろ感想 | 21:16 | comments(0) | - |
          秘密がいっぱい!
          0

            というわけでVELTPUNCH BLACK ALBUMレコ初 東名阪ワンマンツアー@大阪2nd Lineに行ってまいりました!近くに住む知り合いにベルパンリスナーがいないがために悲壮感溢れる感じでロンリロンリー切なかったです。心の性感帯感じちゃうね!

            丁度妹が大阪に遊びに来ていたので、時間までスイーツバイキングでケーキやケーキ、あとはケーキなどを狩ったり食ったりし、糖分で腹を満たしてお腹を下し(最近生クリームを摂取すると8割方ピーピーになります。年のせい?)震える身体で撮ったプリクラが詐欺過ぎて失笑したりしてたらあっという間に夕方に。JR環状線で大阪から福島駅まで。

            実は前の職場が福島にあるんですよね。駅周辺の地理ならお手のモン。ということであっさり会場に到着。何か人だかり出来とる!!ってなりました。あんなにワイワイしてるとこ初めて見た。愛しのiPodたんがエンドレスリピートで流してくれるベルパンでテンションアゲ♂アゲ♂っていう感じでしたが、如何せんひとりだったのでこの気持ちの昂りをどう発散すればいいのかわからず、ニヤけを堪えて口の端をピクピクさせながら会場を待ちました。ひとりのお客さんやらグループの人たちやら何かもうとりあえずたくさん人がおりました。若い人が多かったような…気がする…。見た目だけで言えば。

            開演、整理番号順に入場。17番だったので早めに入れたんですけども、ロッカーに荷物入れたりドリンク代出したり何やかんやしてるうちに追い抜かれたりしたので「タイムロス!チクショウ!ボブ!」って感じでした。ボブ?次からは開場したら即客席に向かえるように準備を整えておかないと。あの無駄な間さえ無ければもっと近くで見れたのかと思うと切なくて壊れそうです。

            7時開演だったのですが、ちょい押しで7時5分過ぎくらいに始まったような…。お出迎えBGMのボリュームが一気に上がってすぐ下がり、照明が暗くなって、

            ギャーーーーーーーーーーーーーーー

            っていう感じでメンバー登場。わかんないですよね。すいません。ギャー!!!姫野さん何か可愛い!遠藤さん髪短い!!アイコさんうつくしー!!!長沼さんギャアアアアアアアアっていう感じでした。わかんないですよねすいません死にます。もう空気が一瞬にして変わるあの圧倒的な存在感。すごかったです。ほんでしょっぱなからkiller smileが始まったのでえぐえぐ泣いた。ずるいわ。あっという間に爆発する客席。あのー何ていうの?ワーってなってる人の上を更にワーってなった人が転がる?遊び?モッシュ?ダイブ?何かそれをやってる人の足かなんかがあたしの頭にクリティカルヒットしてメガネが吹き飛びました。辛うじてキャッチ。よかった。HANJIROで100円の伊達眼鏡よ。

            もう何か曲の順番とか正直さっぱり覚えてないので長沼さんのブログよりセットリスト転載。

            ★☆★☆

            VELTPUNCH ONEMAN 4/17

            ■SET LIST■

            1.killer smile
            2.Repeat
            3.Sports
            4.無愛想に降り続ける雨のせいではない
            5.Don't spit to your pineapple
            6.それは正に蛇のように頭上を蛇行する首都高速が彼女の部屋から太陽を奪った
            7. クライマーズハイ
            8.CRASH CRASH CRASH
            9.MOUSE OF THE PAIN
            10.DIC954
            11.トリトン
            12.teenage dirty punks
            13.CRAWL
            14.FREE FALLING (A dolphin, is there?)
            15.Youth
            16.BANANA to BUTTERFLY
            17.Your Corolla

            encore
            18.Kill the CLUB DJ
            19.fragile
            20.Cyndi... come back

            encore2
            21.Cheap Disco 13steps

            ★☆★☆

            すごく覚えているのが、CRASH CRASH CRASH→MOUSE OF THE PAINの流れの盛り上がり方が凄かったのと、FREE FALLINGが予想以上にライブ化けしてたこと。最初にCDで聴いたときは「ほうほう」程度にしか思ってなかったんですが、ライブで聴くと「おおおおおヒョー!」ってなりました。姫野さんのボーカルも素敵でした。そして全編通してとにかく楽しい!一生終わらなければいいのに!と本気で思いました。このままずっと観ていたい、聴いていたい、それくらい幸せなライブでした。鼻血出るかと思った。あと長沼さんのMCが全力で下ネタだったので益々好きになりました。あなたに、愛されたい…ッ!!!

            今回のライブで、ドラムの遠藤さんのワンマンでの演奏は最後でした。脱退の話を聞いたときはすごくショックでしたけども、ライブを観て、この人たちは大丈夫だな、と思えました。雰囲気的に。いい加減な感じですが!うふ!遠藤コールや、メンバーさんたちのMCひとつひとつに耳を傾ける観客、Kill the CLUB DJの会場全員でのスクリーム。あたしがVELTPUNCHを知ったのは彼らの活動経歴から見ればごくごく最近ですが、それでも、この人たちの大切な区切りの場に立ち会うことが出来てすごく嬉しかったです。

            興奮冷めやらぬまま全曲の演奏が終了し、暫くするとメンバーたちが観客席に下りてきて、物販販売やらサインやら写真やらのファンサービスタイム突入。からからに乾いた身体にビールを一気に流し込んで、さー物販物販、と思って振り返ったら普通に長沼さんがいて笑ってしまった。ぶるぶる震えながらステッカーとティーシャツを購入し、話は2010年4月24日の杏仁へ…(見ろ、の意)

            長沼さん、ほんっっっっっっとに格好良くて、ライブ中も終わってからの素モードも色気がムンムンすぎて思わず「キスしてください」とか「一回でいいんで抱いてください」とか、せめて「思い切り抱きしめてください」とか言いたい!もしかしたらしてくれたりするかも!?まじで!!!長沼さん!!!触りたい!!!とかキモいし頭のおかしいことを心底本気で思ってたんですが、いざ本人を目の前にすると、どもりながらサインと写真を頂くのが関の山でした。握手すら出来なかった。あふう。写真はプリントして手帳に挟んでいます。エヘエヘ。汗で化粧が剥げてるわ髪の毛しっとりしてるわでえらいことになってますが長沼さんが超絶かっこいいのでオールオッケーなんです。

            ふらふらにやにやしながらの帰路は長かったような短かったような、もうあれは夢か現かってレベルで意識が朦朧としていました。ひたすら浮かれていて、電車の中でデジカメのツーショット画像をずっと眺めていました。帰宅して、妹に「楽しかった?」って訊かれて「うへへ…」と笑ってはフニャフニャ思い出しハッピーしていました。病気か。

            あああ楽しかった。またライブがあれば絶対行きたいです。漫画家になって自分の本が出たら長沼さんに送るのです。頑張らないと。頑張ります!よろしくお願いします!!!!!1




            ライブで聴けなかったのが残念な曲ナンバーワン。君を見損なってムードも結局最低です。

            | いろいろ感想 | 06:04 | comments(0) | - |
            10時59分はいいけど11時は駄目って決めてるの
            0
              ★映画:SAW
              またしてもうわあああってなりました。色んな意味で。ゲーム自体がメインではもうなくなってきてますね。徐々にジグソウが今までやってきたゲームの謎が解き明かされていくのが本当に楽しい。いきなり垢ら観ようとしたりしなくてよかった。絶対気ら観るべきだわこれぁ。だって途中から観ても全然わからんもんさ。まだ謎はゴロゴロ残ってるので困慮開も楽しみです。しかし劇場で観たら怖かろうなあ…

              ★映画:イエスマン
              すんごい楽しい映画でした。ラストまで「みんな!全てのことにとりあえずイエスって言えば人生オールオッケーだぜ!ヨーメーン!」ていうノリを貫き通されたらどうしよう、ただの新興宗教じゃねえか、とか思ってたんですが、無難な感じの結論に落ち着いてくれたのでほっとしました。そしてアリソンが可愛すぎてもう…!あのバンドの曲可愛いよちょっとCDとか欲しいよ。突っ込み所も多くて面白かったです。序盤でSAWの映像が出てきてすんごい噴いた。ゆきさんに「下ネタでしか笑ってなかったな」て言われましたが決してそんなことないですよ(満面の笑み)
              | いろいろ感想 | 03:49 | comments(0) | - |
              放出ビリビリブルボン
              0
                この記事はここ最近観た映画とか本とかの感想をひたすら垂れ流す場とします。ウオェエ(垂れ流す音)(汚い!無駄に汚い!)もしかしたらネタバレ注意!


                ★映画:ハッピーフライト
                新人国際線アテンダントと一人前になるためのテストを受けるパイロットを主軸にした飛行機系ドタバタストーリー。綾瀬さん演じるヒロイン(?)のキャラにイラッ…としつつも面白い映画でした。通ってた専門学校にエアライン学科もあったので、あーエアラインの子ってこんなやったなーと思いながら観てました。化粧とか。話題とか。立ち振る舞いとか。制服着てピッとしないといけない仕事はしんどいですね。肩肘張ります。でも、わー大変だーっていう状況を皆で力を合わせて切り抜けてるシーンは「どうする!どうなるの!」てなって楽しかったです。ああいうのすきです。痛快。最後爽やかに終わるのもエンタテイメント映画っぽくて良かった。チェックインカウンターの女の先輩が何だか可愛かったです。もえ。

                ★映画:252 生存者あり
                東京は新橋に雹・地震・大津波・そして巨大台風ktkrってな感じになって、みんな大切な人と頑張って生き残ろうぜ!ていう話です。新橋に全く縁も所縁も無いので「キャー!見慣れたあの風景がー!」ていう感覚こそ無けれども、発展ビシビシの都会がぐっしゃぐしゃになっていく様はやっぱり怖かったです。日本大災害来たらまじで終わるよなー。つーか早く来ればいいのに。主人公の娘ちゃんが瓦礫に潰されて死んだ?!ってなったとき可哀相過ぎてビーコラ泣いていましたが普通に死んでなかったのでよかったです。ていうかほぼ誰も死んでません。死ななさすぎて逆に不自然なんじゃねってぐらい皆生きてます。いのちだいじにってやつですね。252 生存者ありまくり でいいと思います。嘘だっぴゃ^^何かキャストの顔が全体的に濃かった印象。ソースソースしてました。

                ★映画:地球が静止する日
                侵略してきたらしき宇宙人に地球を終わらせないで!って懇願してどうにかしようとする話ですか?(訊く)いやー何だあれ。見所はキアヌリーブスが微妙にアンドロイドっぽい立ち振る舞いでウロウロしてる姿だけです。かわいい。

                ★映画:ミラーズ
                火災でボロボロになった廃墟デパートにある大鏡が実はすげぇ呪われてるせいで家族の命が危ないのでボク頑張ります!っていう話。なかなかにグロくてヒィーってなりました。鏡KOEEEEEEEEEてなります。ぼく怖いの嫌いやねん。誰にも自分の見た恐怖を信じてもらえないどころか逆にいい加減にせえよとか罵られちゃう悲しさったら無いですね。あと発狂した人間も怖いぜ!もう!こわっ!最後ハッピーエンドじゃないところも良かったです。化け物消えて家族も無事でめでたしめでたし★とかいうオチだったら一気に萎えたと思う。

                ★映画:K−20 怪人20面相
                怪盗20面相に罪を着せられたサーカス団員が本物の20面相を追いつつも段々本物の20面相として成長していっちゃうお話。いやもう、すっっごい面白かったです。金城武さんと仲村トオルさんがふたり並んでるところとかもうハァハァした…。最後まで飽きずに楽しめました。「え…もしかしてこの人が本物の20面相なんじゃ…」ていう疑いを色んな人にかけながらも、最後に明かされた正体にうわあああってなりました。たーのしかったー。また観たいです。仲村トオルさんが一気にすきな俳優TOP10入りしましたよ。素敵過ぎる。

                ★映画:感染列島
                おっそろしい伝染病が広まりまくって人死にまくりであなたも私も日本も限界ですっていう話。恋愛と家族愛がパンパンに詰まった人物相関、特に、まだ高校進学間近の初々しいカップル!!離れ離れになったり彼女の家めちゃめちゃになったり彼女も感染したり彼氏がそれでワーてなったりしてるのがもう見てらんねぇ!てぐらい可哀想でビーコラ泣きました。あと池脇千鶴さんの未亡人具合が妙に色っぽく感じました。うふへへへ。カンニング竹山が意外にいい味出してたと思います。あのボロ研究者っぽさ。ラスト辺りの回想とか格言どうこうっていう部分は何か取って付けた感があったので別にいらなかったんじゃ…と思いました。でも予想以上に面白かったです。何か最近都会崩壊系の映画よく観てる気がするなあと思ったら「いつかこうなりますよっていう予告や、シミュレーション映像や」て言われたのでなるほどなーと思いました。怖いですね。いつかああなるんでしょうね。

                ★映画:SAW・SAW供Γ咤腺廰
                評判・期待以上の面白さにびっくりしています。完全にはまってしまった。最初から観た方がいいと周囲のファンが言う理由、今ならよくわかります。謎が解き明かされていくのも楽しいし、展開の見事さにウギャー!てなる。むちゃくちゃエグくて身体がギギギ…てなりますけども。ひとりで夜観たら怖くて泣けると思う。ちなみにあたしは1作目を朝7時ぐらいにひとりで観ました。微妙タイム!いやー。こんなにはまるとは思わなんだ。怖いのは嫌いなんですけどワタス…。5を劇場で観逃したのが残念です。DVD!DVD!みんな観ようぜ!最初から!とりあえず早く犬観たい。

                ★本:見学!見学!また見学!/河合克夫
                河合克夫さんが担当のTケトミさんと工場とか博物館とか、とにかく色んなところに行って色んな物を見たり聞いたり体験しますよっていう、大人の社会科見学をまとめたエッセイ漫画本。すっごい面白かったです。元々あたしも社会科見学ってすきだったので。ごみ処理場とか県庁とかな。何か普段行かないところに行くわくわく感が楽しかった。なのでニヤニヤしながら読みました。あたしもどっか行きたいなあ。とりあえず京都の漫画博物館に行きたい。

                ★漫画:君は坂道の途中で/持田あき
                ギャアアアアアアアア俺いま少女漫画読んでるうううううううううううううていう気分にされてくれる素晴らしい漫画家、持田あきさんの連載2巻ですよ!キャー!いいからみんな読めよー!相変わらずキラキラしたストーリー、画面、登場人物たちにメロメロでごぜぇやす。台詞とかもう!キュンキュンです!持田さんの描くキャラたちはみんな優しいなあと思う。3巻も楽しみ。

                ★漫画:本屋の森のあかり/磯谷友紀
                本屋さんで働く主人公・あかりを中心としたブックラヴァーたちの温かな物語です。作者さんも本がすきなんやろうなーとしみじみ思える作品。読むと何だかほっこりします。副店長との恋の行方も気になるけど、周りのキャラたちのサブストーリーも気になります。素敵な漫画だ。

                ★漫画:自殺サークル/古屋兎丸
                うさまる的自殺サークルきたー!一度本屋で立ち読みして、震えて、もう一度言って迷った末買ってしまった。女子高生の集団自殺、たったひとりの生き残りが、サークルを統率していた「光子」としての位置を自分でも気付かぬ間に引き継いでゆく…ていう感じの話です。しょっぱなから大人数で手を繋いで通過電車に飛び込むっていう衝撃的なシーンで始まるこの作品、もうむちゃくちゃ面白いです。兎丸先生すごいっす。エグいけど色んな人に読んで欲しい。友達は大事にしましょうね。

                ★漫画:プリティマニア/スエカネクミコ
                ひ、表紙買いしちゃった…★いやでも、後悔しない楽しさでした。恋に恋する面食いエロバディ主人公VSメガネ取るとイケメンの深海レベルヲタVSナルシストイケメン(後の激ヲタである)VS超絶腐女子、ていう四つ巴。ナチュラルにおっぱい丸出しなのに噴いてしまった。続きものかなーと思ったら1巻で終わっちゃって残念でした。みんな変態でした。何か2ちゃんとかニコニコに毒されすぎな感じがしましたが、まあ実際ほんとにあんなもんなんだろうな。


                終わり終わり!そして映画は映画館で観るのがやっぱりいいなあ。当たり前?
                | いろいろ感想 | 23:03 | comments(1) | - |
                ハンバーグにスピード感を
                0
                  ★Always〜続・三丁目の夕日〜
                  いぁー、一作目を観たときも頭が痛くなるくらい泣きましたが、続編も引き続きアホみたいに号泣してしまった。配役がまず上手い。卑怯。登場人物がみんな純粋で優しい。彼らの幸せが嬉しい。茶川一家と鈴木一家の関係がとても素敵。あと堀北真希可愛すぎやしませんか。ありゃ惚れるわ。生まれてもない時代の、縁も所縁もないような土地の平凡な話なのにどうしてこんなに懐かしくて愛おしいんでしょうかね。DVD欲しいよDVD。この映画を大すきな人みんなに観せたい。

                  ★舞妓haaaan!!!
                  めちゃくちゃ面白かった!!サダヲちゃんが素晴らしすぎる。演技を見ていてもすごく楽しくて、大すきな役者さんです。エンターテイナーやわー。あと、Alwaysと立て続けにこの映画を観ていてようやっと気付いたんですが堤真一さんも大すきですあたし。はっちゃけすぎ。そして柴咲コウさんも美し可愛い!!豪華キャストじゃのー。舞妓はんに会いに京都に行きたくなります。一見さんお断り!

                  ★クワイエットルームへようこそ
                  内田有紀さんをずっと真木ようこさんだと思いながら観てましたごめんなさい!!めちゃくちゃ美しいですね?!どっちもすきです。(わかってなかったくせに)(でも、ほんとだぜ…?)蒼井優さん最初誰かわからんかった。ほんま七色役者やなー。だいすきだ。色々考えさせられるストーリーは勿論、登場人物たちの服装や主人公の家のインテリア、配色等々、眼でも存分に楽しめる映画でした。散りばめられたギャグにも何回噴いたことか。もう松尾スズキさんすきすぎるー結婚してくれー。ほんと面白かったです。修羅場まみれすぎ!退屈しない。あっと言う間に終わっちゃった。

                  ★L change the worLd
                  松山ケンイチに萌える映画です。とか言ってねえぇへへえへえへ。愛します。あと、何ちゃらまゆこちゃん?女の子。演技うめぇ。あの子に激似の女優さんいませんっけ。こんなときに限って名前出てこんけど誰やっけな。最初血縁かと思った。この映画は一度劇場で観たんですが、また観たくなったので借りてみました。劇場のスクリーンで観るにはパパ博士が死んでしまうシーンはあまりにグロすぎ怖すぎだったので「うぅ…」とか言いながら眼と耳を塞いでいたんですが(一緒に観てたメガネーズ社長も「ぅぁ…」て唸ってた記憶が)今回はちんまい画面だったので何とか観ることが出来ました。耳は塞いでたけど。だってあれは怖すぎだろ…バイオハサードだろ…バイオハザードやったことないけど…

                  ★ピューと吹く!ジャガー THE MOVIE
                  ピヨ彦役の人の顔芸が面白かったです。あいつちょっとサダヲちゃん系の才能ありそう。あと高菜さんが可愛かったり可愛くなかったりした。板尾さんはどこまでも板尾さんでした。最後にハマーと警察の人に色々アレされるシーンは何か駄目な感じがすごく出ていて良かったです。調布に笑った。

                  ★めがね
                  時間無くて観れませんでしたウワァァァ!!加瀬さぁぁぁぁん!!以前借りて観たというお父さんは「眼鏡の人らぁがな…海岸らへんで…体操とかしゆう話」と説明してくれました。変人集団じゃねえか。また次の機会に観ます。加瀬さぁぁぁぁん!!!


                  以上、帰省五日間の間に借りて観た映画の感想でした。地元のTSUTAYAで新作以外レンタル五本千円祭りを延々とやっていると聞いて。映画観たの久々やった!大阪の家の近くにも何かレンタル出来るとこありゃいいのにな。お腹をダニにかまれて痒い。明日からの仕事行きたくない!!大阪に戻ったら雨が止んでいますように。おやすみなさい。
                  | いろいろ感想 | 23:46 | comments(1) | - |
                  CALENDAR
                  S M T W T F S
                       12
                  3456789
                  10111213141516
                  17181920212223
                  24252627282930
                  << September 2017 >>
                  PR
                  SELECTED ENTRIES
                  CATEGORIES
                  ARCHIVES
                  RECENT COMMENT
                  モバイル
                  qrcode
                  LINKS
                  PROFILE