ひもQ

スポンサーサイト
0

    一定期間更新がないため広告を表示しています

    | - | | - | - |
    0
      二度寝したらおかしな夢を見た。

      高校時代の部活の面々と、社会人になって最初に本配属になった部署の先輩方が全員集まっており、平日はホテルで接客をし、休日は部活のトレーニングをする。そんなひとつの団体だ。

      私はそれなりに上手く人間関係を構築していた。ところがある日突然、これまでの関係が嘘のように綻び始める。人とコミュニケーションが上手く取れなくなったのだ。人の出す何気ないサインを見逃し、人の言葉の真意を察することが出来ない。言葉を選べない。頓珍漢な返答しか出来ない。これまで出来ていたことが出来ない。私は焦り、余計に空回る。周囲は困惑し、私は孤立した。私に声をかけてくれていた最後のひとりは友人のアユミだったのだが、私は余裕がないあまりアユミにも辛く当たり、彼女は何も悪くないのに謝らせてしまった。アユミの背中を見ながら、私は絶望に打ちひしがれる。アユミに謝りたい。アユミの背中が遠くなる。トレーニング中だから列を離れてはならない。でももう追いたくない。みんな走って行く。全力で追ってるつもりなのにどんどん離れて行く。待って、いや、待たなくていいのかも、私がいたって、だって…

      そんな私に声をかけてきたのは、小中学校のとき同級生だった澤くんだった。夢の中の世界では、澤くんは我々のマネージャーで、メンバーのサポートをする役割だった。あー来たよ来たよ、仕方なく来たよ…。遂に顧問は澤くんを寄越したかと私はため息をついた。一番苦手なタイプ…。こんな時に喋りたくないのに…。

      「ねー、そう深刻になりなや」

      澤くんはにやにやしながらそう言った。

      あんたに何がわかるんだ!と私は唇を噛む。でも、苦手な澤くんにすら話しかけられて救われた気持ちになるほど、私は追い詰められていた。

      「…おかしなこと言っていい?!」

      私は澤くんの両肩をがっしりと掴み、叫ぶ。

      「うん、どうぞ」
      「私、人と話すのめちゃくちゃ苦手なが!!!」
      「ええ?接客業しゆうのに…?」
      「接客しよっても苦手なもんは苦手ながー!」

      人と話すのが苦手だ。
      だけど、人と話したい。
      人と繋がりたい。
      信頼し合いたい。
      なのに突然それが出来なくなった。
      どうしたらいいかわからない。
      つらい。かなしい。
      助けてほしい。

      澤くんに捲し立てていた台詞をそのまま口にしながら目が覚めた。起きてしばらく涙が止まらなかった。今の所、特に自分自身の人間関係で悩んだりはしてないんだけど、なんだったんだ今の夢…何故澤くん…?と思いつつ、泣いた。あの夢の世界の私はアユミに謝れたのだろうか。澤くんは私に何て言ったんだろう。ていうか澤くん今どこで何してんだろう。変な夢だった。今度アユミに会った時に言ってみようかな。恥ずかしいからやめとくか…。
      | 夢日記 | 12:40 | comments(0) | - |
      no title
      0
        怖い夢を見た。蜂蜜が人間の身体からしか取れない世界に生きている。毎年国民からランダムで選ばれた50人の元に政府の人間が現れ、「あなたは今年の蜂蜜生産者として選ばれた」と宣告する。その時点で対象に拒否権も人権も無く、国内に蜂蜜を流通させるためだけに命を捧げる。工場のようなところに連れて行かれ、身体を消毒され、ベルトコンベアに乗せられて最後の部屋へと送られる。周りの人たちも「まさか自分が」「でも仕方ない」「もうどうしようもないし」と、抗議するでも悲嘆に暮れるわけでもない、なんとも言えない表情でその場に佇んでいる。私はトイレに行きたくなり、並んで用を足す順番を待つのだけど、私の番を待たずして「全員集まってください 最期の仕上げです」というアナウンスが流れ、集合しなくてはならなくなる。「ああ、だめだったな。でもいいや、もう死ぬんだから」そう思いながら部屋へと戻る。ジェットコースターに乗れと言われる。このコースターが最後のカーブを曲がると共にあなた方は死にますと告げられる。そうか。私は死ぬのだなと改めて思う。家族や友人にさよならを言う間もなかったな。コースターが動き始める。宣告から実施までに2時間くらいしかなかった気がする。カタカタカタ、とコースターが登ってゆく。みんな大好き。さようなら。せめて心で念じていよう。今年の蜂蜜は私から取れたと知ったら食べてくれるかなあ。食べて欲しいようなそうでないような。逆の立場だったらどうだったろう。言うてる間にガクッと身体が浮いたような感覚。スピードを上げてコースターが走り出す。でも、何故だろう、速いはずなのにゆっくりに感じる。コマ送りのようになった視界に、すわ走馬灯かと思わず身構えるが、特に何が見えるわけでも無く、無機質なコンクリートの壁が身体の横を通り過ぎるだけだった。もうすぐ真っ暗なトンネルに入る。ああ、終わる。あの中で終わるのだ。本当は死にたくなんてない。でも仕方ない。なんで仕方ないんだろう。きっと蜂蜜は甘い。早く死ななくても蜂蜜が取れる世界になればいいのに。私の子どもが大きくなる頃には…。子ども、いないんだった。よかった。よくない。さようなら。いい人見つけてね。私を忘れてね。みんなお願いだから忘れて欲しい。蜂蜜は、甘い。



        | 夢日記 | 01:23 | comments(0) | - |
        0
          地元の駅のホームに小さな扉があり、そこを抜けると道頓堀にあるグリコの看板のところに出る。地元の駅が道頓堀とこんなに近いなんて知らなかった!今まで乗り換えしてまで来てたのに電車賃勿体ない!いやん!ばかん!という夢を見た。何とも言えない後味だった
          | 夢日記 | 00:49 | comments(4) | - |
          0
            どこかの体育館。バドミントン部の練習試合にて、知らない学校の男子と対戦。各校からシャトルを持ち寄るのだが、相手側が持ってきたシャトルは、なぜかコルクの部分が「コースターかよ」と思うほどにぺちゃんこ。こんなシャトルで試合出来るわけないやん!と思いきや他のコートでは皆普通に戦っている。対戦相手の眼鏡男は「どうした?怖いのか?」と言わんばかりの不敵な笑み。はらわたが煮え繰り返るも、妙なシャトルは当然妙な方向にばかり飛んでゆく。1セット目は惨敗。顧問がやってきて言う。「あき、俺もさっきあのシャトル借りて打ってみた。あれな、狙いとは正反対の方向に打ったら狙い通りの方向に飛ぶ。何故か」とアドバイスをくれる。は?!と思いつつ、2セット目の1発目、試しに相手の右後ろに飛ばしたいところを、左前にカットするフォームで打ち返す。すると何故かシャトルはまるでハイクリアを打ったかのように大きく空中に弧を描き、相手コートの右角にジャストミート!!「何だこれ」と思いながらも2セット目3セット
            目はラブゲーム、圧勝、ありがとうございました…。腑に落ちないながらも握手で穏便に終了。ダウン中の私の傍に北村一輝みたいな男がやってくる。「さっきの試合、見てたよ。きみ…いいね」そんな台詞を口走りながら私の手を握ってこようとするので「触んな気持ち悪い!!」と怒鳴り付けたところで目が覚めた。ものすごい脂汗だった。
            | 夢日記 | 11:39 | comments(0) | - |
            0
              高校3年のクラス替え。何故かうちの高校は教室に机を並べて、自分の入りたいクラスの机に座ればOKというシステムを取っている。机争奪戦。1、2年と英語科だった私は3年も英語科が良いと意気込むも、馬鹿なので寝坊する。半泣きで駆け込む英語科の教室には空き机がふたつ、私と同じタイミングで教室に入る人がふたり。私は取られるまいと必死に走り、ライバルを思い切り突き飛ばしてしまう。「あ…」その場で固まる私。座れない。気まずい。座れない。気まずい…。私は「ごめんなさい…」と言い、机を取らず教室を出る。廊下でわんわん泣く。人目をはばからず大きな声で泣く。泣きながら「あたしは馬鹿か」と自分で思う。話したことは無いけれど、去年隣のクラスにいた男の子が私のところにやってくる。「あんたずっと英語科やったがやき、あんたが英語科からおらんなることは有り得ん」「でも…机が無いがよ…机が無いと英語科入れん…」「大丈夫」「何が大丈夫ながよおおお」益々泣くあたしと大丈夫だと繰り返す彼を横目に、英語科の教室、教卓には担任が立ち、ホームルームが始まろうとしていた。チャイムの音が大きく響いていた。
              | 夢日記 | 13:04 | comments(7) | - |
              0
                中学・高校の仲の良かった人たちや好きだった人たちが勢揃いしている。あたしが一番楽しい同窓会。会場はどこかの体育館。みんな様々な格好。運動音痴だったとみちゃんが「今大学でバレーボールやってる」と言って素晴らしいサーブを披露。魔女には女なのに立派な髭が生えていた。違和感が無さ過ぎて笑う。遠くのステージにいるのはメガネーズ社長かな?確認するために高校時代の赤青眼鏡をかける。ぼんやり揺れる人影は何となく社長っぽかったので「社長ー」ととりあえず叫ぶ。手を振ってくる人影。ああやっぱ社長やった。目が覚める。
                | 夢日記 | 15:44 | comments(1) | - |
                0
                  レンタルしていた、確かに返したはずのCDが何故かうちにあるのを発見。うわ最悪、入れ損ねか、延滞料金うんぬんかんぬん、などと考えながらふと他に目をやると、また別のCD、そこかしこに、返したはずのCD、あぁ、借りていないCDまである。何で何で何で?何で?何これ?何で何で何で何で何で何で何で何で何で何で何で何で何で何で何で何で何で何で何で

                  クエスチョンマーク乱舞。汗びっしょりで目覚める。午後二時半、少し前だった。
                  | 夢日記 | 04:17 | comments(1) | - |
                  0
                    ゆきさんと会社の従業員エレベーターに乗っている。ゆきさんは四階で降りる。あたしもそれに続いて降りようとすると、問答無用で扉が閉まり、あたしはエレベーターの中に戻される。突然エレベーターの機体が透明になり、ゆきさんの姿が見える。あたしは「あああ」と絶望しながら遠ざかっていくゆきさんの姿を見つめる。無茶苦茶に停止ボタンを押すとすぐにエレベーターは止まる。あたしは飛び降りて階段を駆け上がる。従業員スペースは何故か何かの工場になっており、作業服を着た人たちが忙しそうに働いている。あたしは四階に到着するが、ゆきさんはもうエレベーターの前にはいなかった。

                    そこで目が覚める。隣で寝ていたゆきさんの腕枕におもっきし涎を垂らしていたので急いで拭く。ゆきさんは起きなかった。
                    | 夢日記 | 12:22 | comments(0) | - |
                    0
                      めちゃくちゃ日焼けしてた。妹に「あたし焼けた?!焼けたでね?!何で?!」って迫りながら泣いてた。泣きながら「あぁ、あたし何でこんなに日焼け怖いんだろう」って不思議に思ってた。震えていた。怖かった。鏡を見ようとしたら目が覚めた。
                      | 夢日記 | 08:41 | comments(1) | - |
                      CALENDAR
                      S M T W T F S
                       123456
                      78910111213
                      14151617181920
                      21222324252627
                      28293031   
                      << October 2018 >>
                      PR
                      SELECTED ENTRIES
                      CATEGORIES
                      ARCHIVES
                      RECENT COMMENT
                      モバイル
                      qrcode
                      LINKS
                      PROFILE