ひもQ

スポンサーサイト
0

    一定期間更新がないため広告を表示しています

    | - | | - | - |
    no title
    0
      怖い夢を見た。蜂蜜が人間の身体からしか取れない世界に生きている。毎年国民からランダムで選ばれた50人の元に政府の人間が現れ、「あなたは今年の蜂蜜生産者として選ばれた」と宣告する。その時点で対象に拒否権も人権も無く、国内に蜂蜜を流通させるためだけに命を捧げる。工場のようなところに連れて行かれ、身体を消毒され、ベルトコンベアに乗せられて最後の部屋へと送られる。周りの人たちも「まさか自分が」「でも仕方ない」「もうどうしようもないし」と、抗議するでも悲嘆に暮れるわけでもない、なんとも言えない表情でその場に佇んでいる。私はトイレに行きたくなり、並んで用を足す順番を待つのだけど、私の番を待たずして「全員集まってください 最期の仕上げです」というアナウンスが流れ、集合しなくてはならなくなる。「ああ、だめだったな。でもいいや、もう死ぬんだから」そう思いながら部屋へと戻る。ジェットコースターに乗れと言われる。このコースターが最後のカーブを曲がると共にあなた方は死にますと告げられる。そうか。私は死ぬのだなと改めて思う。家族や友人にさよならを言う間もなかったな。コースターが動き始める。宣告から実施までに2時間くらいしかなかった気がする。カタカタカタ、とコースターが登ってゆく。みんな大好き。さようなら。せめて心で念じていよう。今年の蜂蜜は私から取れたと知ったら食べてくれるかなあ。食べて欲しいようなそうでないような。逆の立場だったらどうだったろう。言うてる間にガクッと身体が浮いたような感覚。スピードを上げてコースターが走り出す。でも、何故だろう、速いはずなのにゆっくりに感じる。コマ送りのようになった視界に、すわ走馬灯かと思わず身構えるが、特に何が見えるわけでも無く、無機質なコンクリートの壁が身体の横を通り過ぎるだけだった。もうすぐ真っ暗なトンネルに入る。ああ、終わる。あの中で終わるのだ。本当は死にたくなんてない。でも仕方ない。なんで仕方ないんだろう。きっと蜂蜜は甘い。早く死ななくても蜂蜜が取れる世界になればいいのに。私の子どもが大きくなる頃には…。子ども、いないんだった。よかった。よくない。さようなら。いい人見つけてね。私を忘れてね。みんなお願いだから忘れて欲しい。蜂蜜は、甘い。



      | 夢日記 | 01:23 | comments(0) | - |
      持てそうもない荷物なら、
      0
        映画「海街diary」観てきました。自分用メモとしてざーっとした感想でございやす。原作厨の言うことなので軽く聞き流してくんさいや〜





        ↓以下ネタバレ満載↓








        私はこの作品の原作のファンです。何度となく読み返しては反芻し、自分の中で海街diaryの世界を原作から実写に変換し続け、今に至ります。実際に実写化の決定が発表になったとき、私と私が作り上げてきた海街diaryの世界との蜜月が終わりを告げました。悲しい気持ちになる傍ら、私以外の人の目を通した海街diaryの物語(もちろん商業作品ですから、色々な大人の事情も加わっているということも踏まえて)が見られるという楽しみが増えたと胸をときめかせました。自分が見ているものを他人はどんな風に受け取り、どんな風に形作るのかということを確認するのは、とても必要なことだと思います。海街diaryに限らず、0から1にしたものを次は1から2にも3にもしていく作業を重ねてエンターテイメントの世界は成り立っています。ノベライズ、コミカライズ、アニメに実写に舞台…。なので公開をとてもとても楽しみにしていました。そして、期待通り、とても素敵な映画でした。四季折々の鎌倉の町並みを堪能できたし、四姉妹も本当に美しくて、まさに眼福という感じ。仮に原作を知らなくても観てたんじゃないかなと思います。

        でも、原作を読んでいたからこそ気になる点が多々あって、それを挙げ始めると思いの外すごい量になっちゃって完全にただの悪口だし個人的な好みも盛りだくさんに入ってるし私この映画全然気に入ってないみたいに思われるレベルなんですが、本当に、すごく好き、ですので…どうか誤解の無きよう…誰が読んでるか知りませんが……。


        この作品の原作は現在6巻まで出版されています。複雑な家庭環境を抱えて鎌倉に暮らす彼女たちの濃密な物語を2時間やそこらの尺にまとめるのですから、抜き出して抜き出して、選び抜いた上で残ったエピソードで映画は構成されています。それ故メイン級のキャラクターについても残酷なまでに端折られる。すずの学校の友達やサッカーのチームメイトもそうでした。それは別にいいんです。

        ただ、風太。風太だよ。辛うじて出てくるも、落ち込み気味のすずちゃんの突然のくら〜い愚痴を聞くだけの男…みたいな扱い…。もういっそのこと思い切って風太のエピソードも全部削ればよかったんでは?!梅の実はすずひとりで取ってたやん!ああいう風にしたらよかったやん!とか思ってしまった。チームメイトとキャッキャする描写はあっても誰がどれだとかはもう明かさなかったらよかったんだよ。こっちで勝手に脳内補完するやんか。姉妹・引いては家族のお話に集中するのなら、変に欲張らずにその辺は切り捨てればよかったのに…。

        私はすずと風太が徐々に心を通わせるようになる過程がとても好きだったので、特に何があったというわけでもないけどなんかそんな感じのイキフンでした〜的な流れがほんとに許せない…。あと風太役の子がすんごい細い上に顔が小さすぎて気が散りました…風太はもっと中肉中背やしすずより顔が小さいなんてありえないんや…。中学生男子に中肉中背を求める方が酷なの…?でもほんとに細すぎでしょうよ…。あと同じようなことでいうと智章の存在がわけわからなすぎる…アレ何やったん…?

        次に、ほんとに個人的なことなんですが、好きなシーンがことごとく肩透かしっていうか、アレッ?!みたいな状態で終わっていったのが残念でした。序盤のお父さんのお葬式で、陽子さんがグズグズした挙句すずに出棺の挨拶までさせようとするシーンで幸ねえが一喝するとことか(「子供であることを奪われた子供ほど〜」のくだりや「出棺のあいさつなんて〜」という補完がないまま陽子さんが「妻だもの!」ってやる決意しちゃったから「あの人の家族は私よ!」みたいに香田三姉妹と敵対してお父さんを取り合ってるみたいに思えた)お葬式後にすずの好きな場所へ連れてってもらって、そこですずが大声で泣くシーンとか(後半クライマックス辺りのオリジナルシーンで代替してるのかもしれませんが、それならせめてあの場に佳乃も千佳もいて欲しかった)すずを鎌倉に呼ぶことを決めた後、発車した電車の中からは声が届かないから「待ってるからね!」ってメモを出すとことか、おばあちゃんの法要の後にすずと幸ねえが並んでカレーを作るシーンで涙を流すすずの肩を幸ねえが抱いて慰めるシーンなのにすずは泣かねえし幸ねえも「あ…」みたいな感じでなんかモヤモヤしたものが残ったまま終わったり(それもまたクライマックスのシーンで得られるある種のカタルシスに繋がるのかもしれませんが)他にも幸ねえと椎名先生が海辺の階段で別れるシーンとか、坂下さんがなんか仄暗〜いキャラになってたのもそうだし、ツンデレのはずの福田さんがほぼデレだったのもモヤったし(関西弁がリリーさんの出身に合わせて九州の言葉になってたのはなんか許せた リリーさんにやってもらうならそっちの方が自然ですもんね…)あと二ノ宮さんのお葬式で四姉妹と福田さんが話してるときに後ろにいたおばちゃんは誰だよ!!!原作の絡み的にはマサママがしっくりくるかもわからんが映画にはマサママどころかマサ本人をマサとしてちゃんと扱ってないのにママだけあんな風に出すのも意味不明だし絶対いらんかったやろあのおばちゃん!!!

        台詞の中に「アレする」っていう言い回しがやたら多いのも気になった。そりゃ普通に日常会話で「ホラ…な?わかるやろ?」的なニュアンスでよく使う言葉ではあるかもしれませんが、えっそこぼかす必要ある?普通に「暮らしてた」とか「考えてみて」とか言った方がいいんじゃ…っていうところを「ちゃんとアレしてた」で「アレしてみてね」とか言って…えー??そうなん???ってなった…。リアリティを追求していたのだろうか…だとしたら追求しどころ変では…。

        しかし、漫画という媒体を通していたからこそ若干和らいでいた設定のキツさが実写になるとありありとわかるものですね…。「父親が女を作って出て行き、母親も別に男を作って出て行き、祖母の家に置いて行かれた三姉妹」が、「自分たちを捨てた父親と父親が自分たちを捨てて選んだ女性の間に出来た子」と一緒に暮らす、という話ですから、よく考えなくてもヘビーな関係なんですが、どういうわけかそんなに重くは感じていなかったんですよ私。だけど、実際に生きてる人間として彼女たちの姿を目の当たりにしたとき、この人たち結構すごいことしてんな、と思ってしまいました。本人たちはあまり気にしてないようですが…。そら大船のおばさんも心配するわ…。おばあちゃんの法要のシーンで、お寺さんのトイレの前ですずと三姉妹のお母さんが二人きりで話すシーンがあって、本当にハラハラしました。あとその後の家でのケンカのシーンな。「やめてえええ!!!すずどんな顔してその場におったらいいんやーーー!!!!!」って叫びたい衝動に駆られた。原作は大船が幸ねえとお母さん引き離してさっさと帰ってたけど、映画、アイス食おうとしてた矢先でしたやん…。あの後あのアイスどうなったんやろ…。あの空気のまま食べても完全に美味しくないし食べずに置いて片付けるときの気まずさも半端ないやろ…「あは、ちょっと溶けちゃってるね…」とか言いながら周りの様子を伺う千佳の姿が目に浮かぶ…。千佳はほんとに穏やかで平和主義というか、姉ふたりの喧嘩をオロオロしながら見てる感じがすごく可愛かったっていうか夏帆ちゃん可愛いし千佳も超好きなのですごく良い配役だなって…思いました…可愛い…。

        あ、ついでに四姉妹についての雑感…。キャスティングを初めて知った時、いい感じだなーとは思いつつ、私は綾瀬はるかさんだけはどうしても「幸ねえ」として受け入れるのは違和感があって、実際に映画を鑑賞しても、その気持ちはやはり拭い切ることが出来ませんでした。私の中の幸ねえは、髪の毛が短くてキッとしていて、佳乃とは違った意味での気の強さが見た目に滲み出ているようなイメージだったので(劇中で本人も言っていたように、ずっと学級委員長だった!っていうのが、ああそうでしょねーって一目でわかるような感じ)綾瀬はるかさんはあまりにも雰囲気が柔らかすぎたんですね…。

        確かに髪の毛をひっつめて、まっすぐ背筋を伸ばして妹たちの前に立つ彼女はきりりと美しく、長女然としていました。でも、やっぱり、幸ねえではなかった。とても素敵だったんですよ。すごく上手だし、綾瀬はるかさんは声も良いですよねえ。山で叫んでるシーンで「ええ声…」って思った。でも私の幸ねえにはなれなかったんや…ごめんなさいよ……。

        でも、やはり「眼福眼福ゥ!」というキャスティングのイメージは終始変わらず、四姉妹がご飯を食べ、お風呂に入り、おしゃべりをし、重ねてきた暮らしを分け合い、また新たに重ねていく様は、それだけで価値があると心底思えるほどに美しく健やかで、ああ素敵な映画だ…としみじみ思いました。カマドウマのくだりめっちゃ良かった…長澤まさみかっわいいな…ブラ姿も拝めて幸せでした…。あとお風呂上がりにタオルをパッと開いて扇風機の風を一身に受けるすずちゃんのシーンを入れてくださいましてありがとうございました…(土下座)


        そんなこんなでした。色々書きましたが、是非是非また観たい映画でした。写真集も欲しい…あと原作の新刊はいつ出るんですか…ペース的に多分来年やが…遠い……

        | いろいろ感想 | 21:16 | comments(0) | - |
        まだまだだね
        0
          ここ最近テニスの王子様のアニメが再放送されており、タイミング良くテニプリ再燃中の私は嬉々として録画・鑑賞しているわけですが、ゆきさんも一緒に観ているうちにすっかりテニプリワールドの虜となったようで、楽しさのあまりキャラクターに独自のあだ名を付けまくっているんです。決め台詞そのままとか、見たまんまだったりとか、冷静になるとそりゃそういうあだ名になるよな…というようなものばかりなんですけど、好きすぎて盲目状態に陥り、一般的な感覚との温度差が激しくなっている私にとっては冷静な意見が妙に面白いんですね…いつも笑ってしまうんですよね…。で、面白いので毎回こっそりメモしているのです。この記事はそのあだ名の忘備録にしようと思います。テニプリを知っている方はちょっと面白いかもしれませんがそうじゃない方には「何が面白いねん」という感想しか出ないと思いますどうぞよろしくお願いします!!!!!

          ※新しいキャラが登場し、新しいあだ名を確認出来たら随時更新していこうと思います。
          ※あだ名がつかなかったキャラ・アニメオリジナルキャラは省略しています。
          ※画像は拾い物です。
          ※テヘペロ。









          続きを読む >>
          | 絵付き文 | 01:41 | comments(0) | - |
          kiss, sunlight & beat
          0
            絵日記サイト「杏仁」の移転に伴いましてこのブログの名前も「ばばばん」から「ひもQ」にしてサラッと更新再開します。なんでかって?!本当は別所にちゃんとひもQって名前でブログ新しく作って更新してたのに自身のウッカリで全部消えちゃったからだよバカ!アホ!!うんこマウンテン!!!めっちゃ時間かかった記事もあったのにコンチクショー!!誰かログ掘り返してくれよ!!!もう消えちゃった独自ドメインで作ってたブログをYO!!!

            ごちゃごちゃ言っても仕方ないので同じ場所で名前を変えてまた更新を始めます。例によってそんなに頻度は高くなかろうが許しなさいよ社会人なんだからサァ〜…グッへへ…毎日更新してた高校生の頃が異常だったんだよォ…マジで…ほんで豆腐本体の再開はいつになるのかな?最早本当に他人事のやうだ…頑張れ〜…頑張れな〜い…(^o^)
            | ただの文 | 06:29 | comments(0) | - |
            春が燃えてるよ
            0
              「あきのブログの名前っていちいち意味わかんない」でお馴染みのばばばん更新クライマックスだフォオオオ!!ちなみに自炊ブログには「クリームアウト」新しいブログには「ひもQ」特に公に公開せずやってるブログには「トキメキ★メキメキトゥナイ」という名前を付けています!嘘です!ついてきてっかテメェら?!俺ぁもうついていけねぇよ!自分に!キーボードに乗って踊る指先が綴る文章は何故にこうもテンションが高いのかね?!現実世界の私はまじで拍子抜けするほどテンション低いですからね!ほんともうね!何なんでしょうね!とりあえず「!」って入れとけ!みたいな具合でブログとか書いてますから!ほんと発想が17歳の頃からひとかけらも変わってねーんですわ!つってね、こういう文章も既にどっかで書いた気がするわ!mixiかな?!ていうかもううんこなんでしょうかね?!私?!うんこー!!!(妹のお弁当に生のカボチャをブチ込みながら)

              そんなこんなで成長する気ゼロの私がボソボソとやってきたこのブログも、もうすぐ更新終了となります。思えば18歳になったばかりのあの頃の私は色んな意味で輝いておりました。月日って残酷だわー。鋼鉄の処女くらい残酷。や、もっと酷いかもしれんぞ。穴だらけ血まみれですよ。精神的に。過去ばかり振り返っても仕方ないってことぐらいよくわかってるよ!だけど、だけど…!

              思い出深い過去バンザイ。というわけで、これまで書いてきた記事で気に入っているものや反響の大きかったものを一気に振り返ってみたいと思います。この記事を書くに伴って最初から全ての投稿記事を見返してみたけど、予想外に内容忘れてて笑った。自分が書いた文章なのに不思議ですねい。
              続きを読む >>
              | ただの文 | 03:33 | comments(1) | - |
              指先から
              0
                隣で従姉が眠っている。瞼に青い桜が咲く。部屋の隅で希望と恐怖が踊る。時計が右脳をノックする。私は世界を九千九百九十九兆九千九百九十九億九千九百九十九万九千九百九十九分の一も、知らない。
                | ただの文 | 04:23 | comments(2) | - |
                BIG BIG OKONOMIYAKI
                0
                  「ねーねー、トイ・ストーリー3借りてきてー」
                  「嫌」
                  「借りてきてやぁー、めっちゃ泣けるがでぇー」
                  「嫌」

                  ☆★☆★

                  「いらっしゃいませー」
                  「……トイ・ストーリー3ね…」

                  ☆★☆★

                  「ただいま」
                  「おかえりー。あ、TSUTAYAの袋。なに借りてきたが?」
                  「…トイ・ストーリー」
                  「え!」
                  「1から3まで」
                  「3も?やったー!」
                  「あたしトイ・ストーリー観たこと無いがよね」
                  「そうながー?あたし1だけ観た」
                  「1だけ?!」
                  「え?うん」
                  「2は?!」
                  「観てない」
                  「観てないのに2すっ飛ばして3観ようとしゆうが?!」
                  「うん」
                  「1と2の話全部踏まえて初めて3の感動が得られるってもんやろがい!!」
                  「えー」
                  「えーじゃない!!先に2観てから3観いよ!!もう!!」

                  ☆★☆★

                  「あー感動したー、3めっちゃ泣けたー」
                  「観たが?」
                  「観た」
                  「2は?」
                  「観てない」
                  「観てないのかよ!!」
                  | ただの文 | 04:11 | comments(3) | - |
                  笑ってくれなきゃヤなのバカなの
                  0
                    ヒイィィィーッ!!!


                    久しぶりにブログを更新しますよね!よね?誰に聞いてんだかよくわからんしここを見ている人が一体何人いるのか全くわかりませんがとにかく久しぶりにブログを!更新します!おまえら久しぶり!

                    近々豆腐のリニューアルを兼ねてサーバーを移転する予定でして、それに伴ってこのブログも更新を停止します。えっこれもしかして衝撃発表だったりする?ヤダー、アタシそんなつもり無かったのになーホントあいつカンチガイしすぎっていうかー、ちょっと優しいこと言っただけで調子乗ってんのマジキモーイキャハハハハハ。女って怖いね。更新を停止します。

                    ほら…ブログペットのサービスが終了したやん?そもそもこのブログが始まったのは「バーチャルで良いから猫が飼いたいです!」という妥協の仕方を間違った17歳のあたしの一種の若気の至りがきっかけだったわけですよ。自分が日々を綴る横に猫がおったら最高やん?みたいな。いやーまじであれを思いついたときは感動に打ち震えたね。震える、という点で完全に西野カナを先取りしてた。そんな私を友人は「この猫全然可愛くなくね?」と冷ややかな目で見つめていたこともきちんと覚えています(根に持つタイプ)

                    今一生懸命新しい豆腐のページ作りをしてますんでもうちょっと待っててください。今月中には整理して公開できると思われます。まぁ更新停止してもページ自体は残しておくんでご心配無く!誰が心配するのかもまた謎ですけどね!KYAHHOU!!

                    関係無いけど最近太りすぎて何が何だかわかんないことになっています。主に顔が。え…?あご…どこ?お腹もわけわかんないよ大丈夫?あと太もも…これまずくない?逮捕じゃない?無期懲役レベルじゃね…?生理来てて股から血液タプタプ出てるしおまけにニートです。人生、色々。
                    | ただの文 | 03:15 | comments(4) | - |
                    TEST
                    0
                      EntryImage.gif EntryImage.gif
                       EntryImage.gif     おっぱい舐めたい
                       EntryImage.gif
                       
                       
                      EntryImage.gif EntryImage.gif
                       EntryImage.gif     死ね
                       EntryImage.gif
                      | ただの文 | 20:15 | comments(17) | - |
                      に・お・い・フェ・チ
                      0
                        古賀将臣(まさおみ)さんという人がいます。とある縁あって彼と友人になり、かれこれ2年ほどの月日が流れました。歌が上手い、という話は聞いていたのですが、まあ普通にカラオケで「うめー」とか言われるレベルかなあ等と何様系のことを思っていたら、自分で曲を作ったり、ライブイベントに参加どころか主催までしたりと、ものすごく意欲的に活動している人で、生の歌声を聴いてみてこれまたびっくり、超絶うめえ、何だこの人すげえ、と思い、友人兼ファンとしてウホウホ言いながら、ちょくちょく彼の歌を聴きにライブ会場へ足を運んだりするようになりました。九州男児らしい濃い目のイケメンなのですが、中身もこれまたいいキャラしてまして、呆れるほどにお人好しで(痴漢を捕まえようとしてすっ転んで膝の皿割ったりする感じ)、笑うと目が死ぬほど垂れるところが大変可愛く、ほんわか〜とした雰囲気が彼周辺を包み込むこと山の如しといった具合で、あたしも古賀っち古賀っちと馴れ馴れしく接しておるわけです。そんな古賀っちが主催する「アーティスティックツリー vol.2」というイベントの告知をさせていただきます。

                        ☆★☆★

                        9月25日(土)
                        『アーティスティックツリー vol.2 〜』

                        op/st 18:30/19:00
                        adv/door 1800/2300 (ま〜くん特製フード付1drink別)
                        Act/古賀 将臣,うたんちゅ,藤原 裕介,若林 美樹、Buena Vista

                        クラブ☆ジャングル告知ページ

                        ☆★☆★

                        実は今回あたしがフライヤーを作らせていただきやした…。秋らしい色合いで、木で、っていう、なんか普段おっぱいとかうんこばっか描いてる人間に任せていいんかよっていうような健全極まりないモチーフです。胃をキリキリさせながら描きました。あんまり大したものが出来ず…申し訳ない…。でも楽しかったです。というわけで皆さん是非行って古賀っちを始めとする素敵出演者の方々の歌を聞き、ま〜くん特製フードを食べ、フライヤーをゲットしてください。あたしも完成品を見ていないフライヤーを、ね…。当日あたしも行けたらいいな。バイトのシフト次第です。ええー。

                        まあ告知とか言い訳でほんとは古賀っちが打ち合わせのときに描いてくれた記憶スケッチが凄まじかったので晒したかっただけです。この記事の目的は半分以上それです。














                        ピカチュウ



























                        マリオ


























                        クリボー



























                        コロ助
























                        キティちゃん
























                        ひつじ




























                        ドラえもん
























                        アンパンマン























                        ダックスフンド






















                        まめっち



















                        いちいち何を描いてるのかを明記してくれているところに古賀っちのソウルを感じます。よろしくお願いします。
                        | 絵付き文 | 01:59 | comments(0) | - |
                        CALENDAR
                        S M T W T F S
                         123456
                        78910111213
                        14151617181920
                        21222324252627
                        28293031   
                        << October 2018 >>
                        PR
                        SELECTED ENTRIES
                        CATEGORIES
                        ARCHIVES
                        RECENT COMMENT
                        モバイル
                        qrcode
                        LINKS
                        PROFILE